借入審査には秘密がある※消費者金融の場合

借入・金利.com

MENU

借入審査には秘密がある※消費者金融の場合

消費者金融の借入審査はどこの会社であっても簡単な基準しか存在しないと言う特徴があります。
実は、こうした借入審査に関する基準については法律的な要因が存在するのです。
消費者金融は、分類としては貸金業という分類でサービスが提供されています。
貸金業というのは、銀行などと異なって預金口座を作ったり投資によってお金を増やすことを許されていない業種のことを言います。
借入というサービスだけで経営を行っていかなくてはいけないため、銀行のサービスに対して適用される銀行法を基準としてサービスを提供していません。
だからこそ、銀行とは全く違う基準によって借入の審査が行われるのです。
では、消費者金融のような貸金業にはどのような法律が適用されているのでしょうか。
実は、貸金業者には消費者に対する貸金に特化した貸金業法という少し特殊な法律が適用されています。
この法律の最大の特徴は、総量規制という融資の枠に関する規制の取り決めが存在することです。
銀行は、独自の判断によって融資金額を非常に大きくすることが出来るためその審査基準に関しても厳しい基準を採用しなくてはいけません。
保証人や不動産の物的担保を要求するのもそのためです。
しかし、貸金業者の借入には総量規制という融資の規制があるため一定以上の借入は絶対に許されていないのです。
事実、消費者金融を筆頭とした貸金業者では無担保でお金を借りることが可能です。
これは、貸金業法で安全性が非常に高くなっているからで、だからこそ審査内容もそれほど厳しくする必要がないのです。